『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』続報  ロボットスタートアップ2社の警備業務実証実験

『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』第3期実証実験が、8月12日、京浜急行電鉄株式会社本社(横浜市西区)にて実施された。

今回は、ロボットスタートアップ2社 (SEQSENSE株式会社(シークセンス株式会社)/Mira Robotics株式会社(ミラロボティクス株式会社)による警備業務が対象となった。 

京浜急行電鉄株式会社と株式会社サムライインキュベートは、スタートアップ企業とのオープンイノベーションにより新規事業創出を目指し、

「KEIKYUACCELERATOR PROGRAM(KEIKYUアクセラレータープログラム)」の第3期を現在進めている。
今期は、「リアルとテクノロジーの融合による新しい顧客体験」をテーマとして、「沿線地域にこれまでにない新しい体験を付加するもの」と「既存事業領域をデジタルテクノロジーでアップデートするもの」の2つの方向性を目指す。なお事業のテーマ領域は「Mobility」「Living」「Working」「Retail」「Entertainment」
「Connectivity」の6つで構成される。2019年12月より共創スタートアップ企業の募集し多種多様な提案を受け、92社の中から10社の参加企業が決定された。

今回取材は、10社のスタートアップ企業発表からの続報である。


関連記事 (2020年6月2日公開)

実験最初は、SEQSENSE株式会社の警備用の自律移動型セキュリティロボット「SQ-2」による、全自動の立哨・巡回警備/遠隔通話からスタート。
3方向につけられた魚眼レンズが常時360度の撮影を実現する。人間の目では認識が難しい火災等のリスクとなる異常熱源を感知することも可能。
自己位置特定と3Dマップを作成し、超音波センサーと組み合わせることで超近距離にある障害物も感知し衝突を回避する。
バッテリー残量が減少した場合、自動的に帰還し充電・再始動するため、充電のオペレーションは一切不要。自動充電以外の時間はフルで稼働できる。

CEO中村壮一郎氏は、社の使命、ロボット開発の目的は、現在日本が抱える様々な課題に、最短、直接的に応えることだという。

ロボティクス分野の様々な可能性を模索、展開するというよりは、現行の問題に直結した内容を掘り下げて、精度を高めていくことに注力する。

すでに、成田空港他、実用化に成功しているのも、SEQSENSE社の強みと言えるだろう。超現実的な社風ながらも、自己位置特定、3Dマップを作成する能力などを考えると将来的には、都市空間での災害時等での活躍も期待される。

 

 ◆ SEQSENSE株式会社(https://www.seqsense.com

2社目の発表は、アバターロボット「ugo」による、来訪者対応(検温・音声案内)・立哨警備
Mira Robotics株式会社のアバターロボット「ugo」は、2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができる。
アームがあることによりさまざまな動作に対応する。実験では、現在のwithコロナの環境下、多くの機会で我々が経験するようになった、「検温」も実験動作に含まれた。片方のアームの先端に設置された体温計を対象者となる人の頭部付近に遠隔操作で検温を施す。
エレベーターを使って階の移動など、従来の単純な遠隔操作ロボットと完全自動ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型アバターロボット。
具体的に非対面での案内や警備、巡回の一部を実証実験で確認することができた。
アバターロボット「ugo」の機能を活かして、マルチタスクで様々な課題に挑む。
エッセンシャルワーカーの慢性的な人材不足、特に公共施設等の清掃についての対応を代表取締役CEOの松井健氏に伺ったところ、複雑な動作など、経験を積んで細かい部分へも対応できるようしていきたい。清掃の分野や介護の分野は、まさに「ugo」ならではの利点を活かせると考えているとのことだった。
警備、清掃、点検、案内及び、超高齢化社会に突入する日本の介護分野の人員不足への対応など、Mira Robotics株式会社が想定する業務範囲は広く、多角的な展開が期待できるだろう。
 ◆ Mira Robotics株式会社(https://mirarobotics.io

京急グループの経営基盤と、スタートアップの革新的なビジネスモデルを掛け合わせ事業共創を進める”オープンイノベーションプログラム”は累計381社の応募があった。第1期から合わせて22社との事業共創が現在進行中である。最先端の分野を担う、スタートアップの若い企業と京急グループとの取り組みが、with/afterコロナ時代の”モビリティ×ライフスタイル”でさらに加速的な展開へつながることも十分考えられる。

鉄道や路線バスといったモビリティに加え、ビルメンテナンス、ファシリティ、商業施設、宿泊等の観光分野など、これまでの京急グループの実績、広い分野での事業展開の中で、新しいニーズ、地域や日本全体が抱える課題解決の糸口が見出せるかもしれない。今後の展開が多いに期待できる。

※)今回の警備事業の実証実験に加え、随時発表される予定の他のスタートアップ企業についての進捗情報も随時公開していく予定である。

 

『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』公式サイト http://openinnovation.keikyu.co.jp/

 

 

記事:盛島さつき

Post Author: staff_01