変幻自在×今村雪乃 アーティストインタビューVol.12

変幻自在 × 今村雪乃 アーティストインタビューVol.12

横浜ViaggioアーティストインタビューVol.12にて、女優・モデルとして活躍中の今村雪乃さんにお話を伺いました。当インタビュー記事は、前編(当記事)を横浜Viaggio に、後編を AnimatoMusicArtsサイトに掲載しております。

 

AnimatoMusicartsサイト ヘンゲンジザイ × イマムラユキノ  アーティストインタビューVol.12 女優・モデル 今村雪乃 インタビューは、下記リンクにて、ご覧いただけます。img_2283

http://animato-musicarts.net/imamurayukino/2016/11

 

【プロフィール】

今村雪乃 女優・モデル

img_2282

出演歴 映画

鶴岡慧子監督 「うつろいの標本箱」岡田日奈子役(2016.10)
LOTTE SWEET FILMS「class work」真弓役 榊原有佑監督(2014短編)
「よりよい明日」ヒロイン柏木恵里役 吉行良介監督(2012)
にほんのうたフィルム「たき火」 若木信吾監督(2010短編)

短編「ダムドガールズキャバレークラブ」川村清人監督(2017年)

CMF
凸版印刷株式会社「Shufoo!主婦革命」篇(2015)
全日空「ANA夏旅 この夏は、いちどだけ。」篇 CA役(2012)
エーザイ チョコラBB(VP)
DUNLOPタイヤ 面接官役(VP)
株式会社ダイバース『あなたがいるから、世界は色づく』母親役 榊原有佑監督(VP)

スチール
アートネイチャー ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント(2016~)
BENETTON (2016)、ランスタッド(2014~)、TIP.X TOKYO(2014~) 他

img_2281

Q.ただいま渋谷ユーロスペースにて上映中の映画「うつろいの標本箱」、メインキャストでご出演されていますね。とっても素敵な映画ですよね。メインキャストの方が多い中、ストーリーが展開するのも魅力的なんですが映画の延長線上といいますか、監督やスタッフ、キャストの皆さんが一丸となって、映画のPR活動などされているのも、とても興味深い点でした。

A.今回の映画は、普通の作り方とは違う点や、スタッフ、キャストみんなが協力し合って映画の告知をしたり、と、特別なところが沢山ありますね。

映画作りも、オーディション後、台本を渡される前に、役者のワークショップがあって、役者がそれぞれの役をイメージして自由に演じる、という工程を経ました。

Q.そうらしいですね。撮影も、セリフがある部分と、出演者の方が自由に演じる部分とがあったとか。とても興味深いです。映画を見ていても、物語なのか、現実の中で展開する、日常のワンシーン、ワンシーンを切り取っているのか、時々わからなくなる。そんな感覚に陥りました。何とも言えないナチュラルな感じに、静かに物語は展開してきますね。今まで体験したことのない感覚で、すっかりスクリーンの中に惹きこまれてしまいました。

A.ありがとうございます。出演者の一人としてそれは本当に嬉しいですね。

06
10/29(土)より、渋谷ユーロスペースにてレイトショー上映中 http://hyohonbako.com/

 

 

Q.雪乃さん演じる岡田日奈子の恋人、松島(役名)の死から、ストーリーは展開しますね。いかがでしたか?重要なのはもちろん、なかなか難しい役どころだったと思うのですが。

A.そうですね。撮影中のことなどは、いろいろ思い出されるところあります。この役を演じるにあたり、相手役の渡辺拓真さんとも想像を膨らませ、話し合いました。シナリオには書かれていない部分も多いので、「きっと、こういう恋人関係だったんだよね。」とか、共通認識を持って、それぞれに演じました。1年近く前に別れた恋人の死を知った、日奈子の本当の気持ち、というのが、どういうものなのか、多くは語られない中、自分なりに日奈子の気持ちを想像し、消化して演じました。他の役者もみな、自分の役どころ同じく想像しながら、創り上げていく作業からこの映画は始まりました。

Q.日奈子が自室に戻ると、こらえきれず、たちまち泣き崩れて、むせび泣く。そんなシーンがありましたね。たまらずに私も泣いてしまいました。松島は、別れてもなお、元恋人の日奈子に愛されていたのに。なんで死んでしまったの・・・、と思いました(笑)

A.あの泣きのシーンは、いろいろ思い出深いですね。

1年近く前に別れた恋人を、実際に今もなお愛していたか、というとさだかではありません。それよりも、彼の人生をあんな形で1人孤独に閉じさせてしまったことに対して、日奈子には悔いがあったのではないでしょうか。そんなことを想像して演じました。

女性って別れたら、カラッとしていて引きずることはあまりないですよね?(笑)でも、それって別れても、どこかで幸せに生きていると思えるからなんだなって、日奈子を演じて実感しました。

Q.そうなんですね。メイキングなども含めてお話伺うと、ますます興味深いですね。「あのシーンはそういうことだったのか!」とか思うとまた新たな気持ちで劇場に行けますね。何度も足を運んで観たくなる、そんな映画です。

img_2272

A.6人の女性と9人の男性が、メインキャストという、本当に出演者が多い、普通にはなかなかない映画だった分、それぞれの露出はそんなに多くないわけですよね。鶴岡監督はそれを、1人ひとり役者の一番輝くような、観ている人により一層伝わるような、鶴岡監督ならではの紡ぎ方で、映画を丁寧に創り上げられたのだと感じます。それをさらっとやってしまう、監督のすごいところだと思いますね。

Q.そうですね。映画を観た観客の一人である私にも、それは伝わりました。それぞれの背景が見え隠れしたり、揺れ動く心の様が、スクリーンに浮かび上がっていましたね。1人ひとりの人生、日常がちゃんと描かれていましたね。鶴岡慧子監督が、この先どんな作品を生み出すのか、私もワクワク楽しみになりました。

さて、雪乃さんは、現在は、映画を中心に役者さんとしてお仕事されていますか?

img_2279

A.モデルやテレビのお仕事も普段やらせていただいています。私自身、映画を観るのも含めて好きです。そういう意味では、この先も、映画に出演できるよう頑張っていきたい、と思っています。

Q.次の映画出演などはいかがでしょうか?

A.はい、来年1月28日から公開予定の短編映画があります。今回とはまったく違う役どころです。本当に全然違うので「うつろいの標本箱」を観てくださった方は、ぜひ、その違いも観に来てほしいですね。(笑)

Q.ぜひ次の機会にまた、映画告知で、インタビューご出演お願いしたいですね。

A.ありがとうございます。ぜひよろしくお願いいたします!

 

今村雪乃さん出演、10月29日より公開中の映画「うつろいの標本箱」

公式サイト http://hyohonbako.com/index.html

渋谷ユーロスペース 21:00~ 上映

main-img00

 

AnimatoMusicartsサイト アーティストインタビューVol.12

ヘンゲンジザイ × イマムラユキノ  アーティストインタビューVol.12 女優・モデル 今村雪乃 インタビューは、下記リンクにて、ご覧いただけます。

img_2283

http://animato-musicarts.net/imamurayukino/2016/11

 

●今村雪乃さん最新情報●

短編「ダムドガールズキャバレークラブ」川村清人監督(2017.1.28~)

 

Post Author: staff_01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です